横浜土産 捺染特集

 

捺染の歴史

 

捺染(なっせん)とは、布に染料で図柄や模様を印刷する技術のことです。横浜伝統の型染め手法「捺染」は、イタリアのコモ地方と並ぶ世界品質です。スカーフや手ぬぐい製品は、明治以来海外の知識を吸収して現代の横浜捺染の優位性を確立してきた歴史があります。


捺染は、紙の印刷と同じようにいろいろな方法が使われてきました。捺染は木版、紙型を経て、現在はスクリーン捺染になっています。最初に行われたのは木版捺染でした。そこには古来伝統の木版技術があったからです。

 

日本の木版の技術は、仏教美術として奈良時代の千本仏などの作品として残されています。これらの技法が絵画として江戸時代の浮世絵版画に継承され、日本における木版の技法はこの時代にほぼ完成されたといえます。

 

一方、ヨーロッパでは、12世紀になってようやく中国の製紙法が伝えられ、同じころ東洋の木版の技法も伝えられました。この技法は瞬く間に全ヨーロッパに広がり、色彩木版技法、木口木版などの新しい技法も開発され、大いに発達することになりました。

 

19世紀には日本の錦絵がヨーロッパに伝わり、洋の東西を問わず発展して、やがてはスクリーン印刷、捺染へと発展して、芸術から工業化への道を歩むことになったのです。

 

おりしも日本は19世紀後半から、20世紀にわたって閉ざされていた海外との交易が解放されて、横浜港が開港され、貿易立国をめざした近代国家に変身しました。当時、養蚕産業は日本の一大産業でしたが、シルク製品は以後50年にわたり、戦争の時期をのぞいて輸出品の首位の座を占め、そのほとんどが横浜港から出荷されました。シルクの集散地であった横浜が、気象条件、水資源に恵まれて、プリント加工の一大産地として形成されたのは必然であったといえます。

 

横浜の捺染技術は東西の優れた木版技法を取り入れて発展し、現代では近代的なスクリーンプリントとデジタルプリントに転換されましたが、そのかげには日本各地の染め産地から繁栄の横浜に集まった技術者たちが技術を競り合い、また貪欲なまでに海外の知識を吸収して現代の横浜捺染の優位性を確立した歴史があります。

(ヨコハマ・グッズ第12期カタログより)

 

 

ヨコハマ・グッズ001の認定商品の中には、捺染の技術を生かした人気商品がたくさんあります。横浜ならではの伝統の技は横浜土産・手土産におすすめです。ぜひヨコハマ・グッズとともに横浜の物語をお持ち帰りください。

横浜スカーフ

横浜捺染の人気商品といえば横浜スカーフです。シルクならではの肌触りの良さは、使い心地抜群です。お土産・手土産以外としてはもちろん、地元横浜市民にも定番のアイテムです。

 

横浜の地場産業として有名なシルクスカーフ製造。開港当時から生糸は日本の輸出の主要品目でした。最初は加工品ではなく、絹の原材料輸出が中心でした。明治6年のウィーン万国博覧会で袱紗、団扇などの絹織物を出品し、日本の絹織物が海外で広く知られるようになりました。

 

この時、ウィーンに行ったのが椎野正兵衛でした。椎野氏はヨーロッパの技術を習得し、2年後に米国へハンカチを輸出しました。これが日本からの絹ハンカチ輸出第一号です。

 

当時はまだ、白地か無地物で、最初の柄ものは椎野正兵衛商店が明治18年に米国に輸出したといわれています。明治23年にフランス人のメニールが木版をつかって染めたハンカチを作らせ、これが評判になり、一躍色物の輸出が増えてきました。

 

この横浜スカーフ製造を支えたのは、「ハンカチ屋」と呼ばれる人たちでした。初期のハンカチ屋は製造業者というより、プロデューサー的な役割で、外国商館から依頼があると、スケッチ屋と呼ばれるデザイナーがスケッチを書き、提案しました。受注できたらハンカチやは原反を仕入れ、捺染業者に染色を依頼します。スケッチから実際の型を型彫屋と呼ばれる職人が作り、染色し終わった織物は裁断、縫製を行います。このように様々な業種の分業によってスカーフが完成します。この流れは明治から現在まで大きくは変わっていませんが、原版の多くがデジタルに変わり時代を感じさせます。

 

外国商館が山下町周辺に店を出し、ハンカチ屋は今のJR関内駅北側に多くありました。捺染業者は大岡川や帷子川沿いに集まっていましたが、歴史の流れの中で激減しました。現在、横浜のスカーフ、手拭、ハンカチなどデザイン性の高い横浜ブランドを発信する会社が伝統を守り、質の高い作品を作り続けています。

(ヨコハマ・グッズ第12期カタログより)

横浜スカーフ

丸加

伝統横濱スカーフ

開港当時の横浜の街並み、活気ある港の様子などを再現、赤レンガ倉庫、横浜を代表する建物をモチーフにアレンジして作り上げたスカーフです。

丸加

伝統横浜スカーフ YOKOHAMA

ヨコハマを発祥とするものや記憶に残したい観光スポットをさわやかなスケッチ風に描き一枚にまとめました。気軽にコーディネイトできる横浜スカーフです。


ケイス 濱文様

横浜捺染スカーフシリーズ

横浜伝統の捺染技術を生かしたスカーフ。ジャズ発祥の地、横浜にちなんだ楽器の柄や横浜の観光スポットを絵にした柄などを展開。贅沢な気持ちにさせてくれる良品質のシルクを使用。

アトリエモモ

ラチチュードモモヨコハマ・横浜スカーフグッズ

伝統ある横浜スカーフを使って作られたグッズ。シルクのハンドプリントならではの上質感が人気です。ストラップからバッグまで、美しい色合いと優しい触感をお楽しみください。


風呂敷・てぬぐい

捺染製品はスカーフだけではありません。古くから愛用される風呂敷、手拭いにも、匠の技術が活かされています。

ケイス 濱文様

横浜風呂敷シリーズ

横浜らしい船や波の柄を豪華に大胆にあしらった風呂敷・小布。伝統の捺染で職人が染め上げました。エコにも貢献する風呂敷シリーズです。

ケイス 濱文様

横浜てぬぐい本シリーズ

捺染で染め上げた「てぬぐい本」は、とじひもをほどくと一枚のてぬぐいになり、一枚の絵としても楽しめ、実用的なてぬぐいにもご使用いただけます。


ケイス 濱文様

横浜てぬぐいシリーズ

日本ならではの「てぬぐい」に、楽しい・かわいらしい遊び心がある、横浜らしい様々な柄を捺染で染め上げました。


はっぴ

横浜市内イベントでも着用され話題になるはっぴ。英語は「ハッピコート」と呼ばれ、happyに発音が似ていることも人気のひとつです。

関東化染工業所

横濱はっぴ

日本の伝統工芸品であります「ハッピ」に、横浜のシンボリックな風景をデザインに取り入れ製作を致しました。横浜を海外にPRする良い商品ではないかと思います。

関東化染工業所

横浜はっぴ 「浪と桜」

横浜伝統の捺染の技で染め上げた「はっぴ」。外国人から見た日本・横浜のイメージを浪、富士山、桜、かもめ、船、赤レンガ・・・をレトロモダンで大胆にデザインしました。


関東化染工業所

横濱開港はっぴ 黒船柄、西洋婦人柄

開港当時の横浜をイメージする錦絵をベースに、当時を連想させ、現代風とアンティーク調という相反するものを融合させたデザインで「はっぴ」を製作致しました。


その他の小物

スカーフよりも気軽に持ち歩きやすいハンカチやバンダナにも捺染の技術が活かされています。コースターは日常に彩りを加えます。

丸加

横浜イラストハンカチ

ヨコハマの代表的な名所をモチーフにした軽快なイラストのハンカチです。ヨコハマが誇る捺染の色合いを手軽に使いこなせる必須アイテムです。

丸加

横浜絵コースター

開港当時の浮世絵を図柄にした、伝統捺染技術を活かした布仕立てのコースターです。布ならではの吸水性と、色合いがテーブルをグレードアップします。


丸加

横浜絵バンダナ

開港当時の浮世絵をモチーフにしたバンダナサイズの逸品です。繊細さが活きる捺染技術の結集した仕上です。ラフにバンダナとしてアウトドアでも、そして額装でも柄を楽しめるサイズです。


生糸貿易

ヨコハマ・グッズに認定されるのは、お菓子やスカーフだけではありません。コトギフト(観光スポット)として生糸貿易で財を成した原三溪による日本庭園も認定されています。梅や桜、ハス、紅葉など、年間を通して様々な花や植物を楽しむことができ、季節によって異なる表情が見られます。海外からの観光客にも人気の場所です。

三溪園保勝会

三溪園

三溪園は生糸貿易により財を成した実業家 原 三溪によって、1906年(明治39)5月1日に公開された、歴史的に価値の高い建造物が巧みに配置された庭園です。東京湾を望む横浜の東南部・本牧に広がる175,000㎡に及ぶ敷地は、三溪の手により1902年ごろから造成が始められ、1914年に外苑、1922年に内苑が完成しました。三溪が存命中は、新進芸術家の育成と支援の場ともなり、前田青邨の「御輿振」、横山大観の「柳蔭」、下村観山の「弱法師」など近代日本画を代表する多くの作品が園内で生まれました。その後、戦災により大きな被害をうけ、1953年、原家から横浜市に譲渡・寄贈されるのを機に、公益財団法人三溪園保勝会が設立され、復旧工事を実施し現在に至っています。 

絹にちなんだお菓子

百崎製菓

シルクアーモンド

 

横浜の特産でもある「絹」にちなんで開発したお菓子です。香ばしいアーモンドをミルクとシルクパウダーで包みました。レトロなパッケージも人気です。

注染(本染)

開港後のシルク産業に関連して捺染が注目されることが多い横浜ですが、日本古来の伝統製法である注染の技術も受け継がれています。布の片面だけを染める捺染と違い、裏面にも色が染みます。奥行きと深みがあり、独特の風合いがあるのが魅力です。

エス山本繊維加工

本染(注染)手拭

横浜開港当時の蒸気船・黒船・富士山をモチーフに、日本古来の伝統染「注染」の手法で加工。奥行きと深みのある注染独特の風合をお楽しみ下さい。額に入れてインテリアにも最適です。

エス山本繊維加工

横浜風景ミニ袢天手拭

マリンタワーをモチーフに横浜をイメージした手拭いを袢天の型に折った、国内外のお客様を問わないおみやげ好適品。衿部分の名入れを変えればいろいろなイベントに対応できます。別注も可。


濱屋 横浜繊維

“濱屋”日本手ぬぐい

日本伝統製法「注染」技法で色鮮やかに表現した日本手ぬぐい。横浜の歴史的建造物や風景、伝統的モチーフを取り入れたデザインです。


墨流し染め、手描き染め

匠の技によるファッショナブルな品々は、一枚一枚ていねいに手染められています。そのため同じ模様はひとつもなく、どれも世界でひとつだけの一点ものです。

山村染織工芸

墨流し染めシリーズ スカーフ・ストール

日本古来の墨流し染めを時間をかけて色鮮やかに染め上げました。

1枚毎に描くため、すべて1点物になります。

山村染織工芸

手描きスカーフ・ストール 横浜シリーズ

横浜市花の薔薇や横浜発祥のモチーフに加え、横浜三塔をデザイン化したストールも仲間入りしました。ミニストールの「横浜港から見た海」は海の色を四季に重ね、一筆毎に描きました



プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright © 2011-2015 YOKOHAMA GOODS 001 All Rights Reserved