三溪園

[入園料:大人:500円/小学生:200円、団体割引は20名以上から 回数券、前売り券あり]開園時間:9:00 〜 17:00(入場は16:30まで)

休園日:12/29~31


http://www.sankeien.or.jp/

 

三溪園は生糸貿易により財を成した実業家 原 三溪によって、1906年(明治39)5月1日に公開された、歴史的に価値の高い建造物が巧みに配置された庭園です。東京湾を望む横浜の東南部・本牧に広がる175,000㎡に及ぶ敷地は、三溪の手により1902年ごろから造成が始められ、1914年に外苑、1922年に内苑が完成しました。三溪が存命中は、新進芸術家の育成と支援の場ともなり、前田青邨の「御輿振」、横山大観の「柳蔭」、下村観山の「弱法師」など近代日本画を代表する多くの作品が園内で生まれました。その後、戦災により大きな被害をうけ、1953年、原家から横浜市に譲渡・寄贈されるのを機に、公益財団法人三溪園保勝会が設立され、復旧工事を実施し現在に至っています。

梅や桜、ハス、紅葉など、年間を通して様々な花や植物を楽しむことができますので、季節によって異なる表情が見られます。



☆JR「根岸駅」のバス1番乗り場から、市バス58・99・101・126系統で10分、本牧下車・徒歩7分

☆横浜駅東口のバス2番乗り場から、市バス8・148系統で35分、本牧三溪園前下車・徒歩5分

2014年6月8日 『路線バスで寄り道の旅』

『路線バスで寄り道の旅』シリーズ、「初夏の三浦半島と横浜グルメを食べつくし!(秘)夜景を目指す旅」が放送になり、三渓園ハッピーローソン山下公園店が登場しました。徳光和夫さん、田中律子さん、酒井美紀さんがヨコハマ・グッズをお買物してくださいました。

 

 紹介されたのは・・・

   三渓園保勝会三渓園

   ハッピーローソン山下公園店

   光画コミュニケーション・プロダクツ横浜のばんそうこう

  


プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright © 2011-2015 YOKOHAMA GOODS 001 All Rights Reserved